スポーツ・娯楽
【発明の名称】発見・発明を遊びながら学べるカルタ
【出願人】
【識別番号】596096386
【氏名又は名称】伊藤 力夫
【住所又は居所】岩手県花巻市高木20―200―219
【出願人】
【識別番号】517302044
【氏名又は名称】伊藤 信太郎
【住所又は居所】岩手県花巻市高木20―200―227
【発明者】
【氏名】伊藤 力夫
【住所又は居所】岩手県花巻市高木20―200―219
【発明者】
【氏名】伊藤 信太郎
【住所又は居所】岩手県花巻市高木20―200―227
【要約】 (修正有)
【課題】親が子供達に理工科系のことを子供の頃から、遊びながら学ばせるカルタを提供する。
【解決手段】世界の発見や発明を本カルタを介して、即ち理工科系のことを読み札には問題となるようなものを取り上げ、取り札には簡単に問題の答えを取り上げ、解説書にはもっと詳しく答えを解説することを特徴とする。そして、本カルタの枚数は、読み札が100枚、取り札が100枚とした。更に、読み札と取り札との区別がひとめでわかるように、本カルタの裏面の色を2色にした。
【選択図】なし
【特許請求の範囲】
【請求項1】
本カルタは、一般のカルタと異なり理工科系(全世界の発見や発明)の内容のものを親が子供達に子供の頃から、遊びながら学べるように考案したものである。
しかも読み札には、親が子供達に教えておきたいような内容のものを問題形式にして取り上げ、一方取り札には、問題の或る程度の答えのような内容のものを書き、次に解説書も用意していて、解説書には読み札と取り札との関係や、より深い内容の答えを記載してある。
【発明の詳細な説明】
【技術の分野】
【0001】
発見・発明を遊びながら学べるカルタ(以下は本カルタと称する)は、全世界の発見や発明を遊びながら親が子供達に教えることの出来るカルタである。
【背景技術】
【0002】
従来からカルタは、「百人一首」、「いろは」、「国旗」、「どうぶつ」等々のカルタで一般家庭で遊び札として広く普及している。
【先行技術文献】
【0003】
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来からのカルタには、「百人一首」、「いろは」、「国旗」、「どうぶつ」、「方言」、「まんが」、「アニメ」等々のカルタはあるが、どちらかと云うと文学的なものとか、一般的なものが多くあるように思われる。
そこで私が考案した、本カルタはどちらかと云えば理工科系(全世界の発見や発明)のこ
とを親が子供のうちから、遊びながらにして教えることが出来るようにしたものである。
しかも、親の為に分かりやすい解説書を用意している。
【課題を解決するための手段】
【0005】
この課題を解決するために、必要な文献「例えば(学習 人名辞典 筑波大学教授 宮澤嘉夫 監修)又は(1000の発明・発見図鑑 ロジャー・ブリッジマン 著者 小口高・鈴木良次・諸田昭夫 監訳)、(広辞苑)、(初めて学ぶ物理学 野田学 著者)、(HIROHIMA 広島 吉川清 編集・発行)」や「インターネット」等々を活用して、十分に調べ利用させてもらつた。
【発明の効果】
【0006】
親が小さい内から子供達に対して、世界の発見や発明を本カルタを介して、遊びながら教えることができる。
【発明を実施するための形態】
【0007】
本カルタの形態は、基本的には読み札には問題となるものを記載し、取り札にはその回答になるものを記載することにした。
更に、親の為に解説書を用意し、本カルタの一枚ごとに読み札の問題の意味と取り札の回答の意味を子供達に理解できるように記載している。
一例を下記に記載する。
まずは読み札の例である。
「リンゴはなぜ木から落ちるのだろうか」
次は取り札の例である。
「ニュートンが発見した万有引力が働くからだよ」
「イギリスの物理学者・数学者・天文学者のアイザック・ニュートンが1687年に、自宅の果樹園のリンゴが落ちるのを見て
(万有引力)を発見したと云われている。
万有引力の(万有)とは宇宙空間にある、すべての物のことを云う。
従って、万有引力とは宇宙に存在する(万物)の間に働く引っ張る力を云う」と云うような内容にする。
また、地球上の物体に下向きに働いて重さの原因になる力のことであり、別名、「重力の法則」とも云う等々も記載した。
そして、参考として「微分・積分の発見」や「運動の法則の発見」の内容の説明も付け加えた。
更に、続参考として、(速度とは?),(加速度?),(等速度運動?)も付け加えた。
発見・発明を遊びながら
     学べるカルタ(百選)


発見・発明を遊びながら学べるカルタの概要
1)本カルタの目的は、子供達が小さいうちから発見や発明に興味を持ってもらいたい為に作ったものであります。
2)本カルタには、読み手方の参考になるような解説書が付いています。この解説書の作成に当たり、この解説書の最後ページに記載した参考文献を熟読吟味し、それに思考を繰り返し、史実に基づいたものであります。
3)「ニュートン」は、自宅の果樹園のリンゴの木からリンゴが落ちるのを見て、あの有名な「万有引力の法則」を発見しました。
更にまた、「運動の法則」も発見したのであります。
4)野口英世」が、子供の頃に火傷により不自由になった左手を手術により治ったことに感激して医者になる決心して、苦学しながら医師検定試験に合格し、世界的にも有名な医学者(各種病原体の発見)になったことは、皆様方の承知の通りであります。
5)パスカルは「人間は自然のうちで一番弱い葦である。しかし考えることのできる葦である」とパンセ(瞑想録)で云っています。
読み札  それでは星座の数が
         幾らぐらいあるのかな

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
取り札  いままで分かっている星座の
         数は8回座あるんだよ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  解説
 「星座とは」

恒星の配置を便宜的な形象に見立てて天体を区分したものであり、前130年頃、ギリシアの天文学者ヒッパルコスが、ある天体の観測所で、恒星の位置を観測しながら恒星表(天体図)をつくったのが最初である。
参考
星座名(50音順)を下記に示す。
尚、星座名はギリシア神話にでてくる怪物や動物の名前等が使われている。
【アンドロメダ】
銀河系星雲は星の集まりである。太陽も銀河系星雲にある何億もの星の一つにすぎない。
アンドロメダ星雲は地球から230万光年離れている。
965年、イスラムの天文学者アッスーフイトはアンドロメダ星雲について記録している。
肉眼で容易に見えるのに、彼は以後望遠鏡による観測が始まる1612年までの間、記録がない。
【いっかくじゅう(一角獣)】
オリオン座の東、天の川にまたがる。星団・星雲に富んいる。
【いて(射手)】
星座の一つ。
黄道上の第10星座で、さそり座と山羊座の間にある。
輝星に乏しいが、星雲・星団・変光星に富む。銀河系の中心はこの星座の方向にある。
【いるか(海豚)】
星座の一つ。
白鳥座の南、鷲座の北東にある。
【やぎ(山羊)】
トレミー星座の一つ。黄道上の第十一星座。
射手座の東。水瓶座の西にある。九月下旬の夕暮れに南中にある。
【やまねこ(山猫)】
北天の星座
大熊座と御者座の間にあり、輝星に乏しい。
【らしんばん(羅針盤)】
南天の星座。
海蛇座の南、艫座(ともざ)の東にある小星座。
【りゅう(竜)】
北天の星礼
小熊座の周囲を取り巻き、七月下旬の夕空に高く見える。
【りゅうこつ(竜骨)】
南天の星座。
大犬座の南、三月下旬の夕刻に南中するが、日本からは地平に近くよく見えない。
首星は全天第二の輝星カノープス。老人座。
【りょうけん(猟犬)】
北部に渦巻銀河がある。
南天の星座の一つ。
エリダヌン座の南方にあり、日本からは見えない。小網座である。
【ろ(炉)】
南天の星座。鯨座の東南、エリダノス座の東にあり、十二月下旬夕刻に南中、南天低くあらわれる。
【ろくぶんぎ(六分儀)】
獅子座の南にある小星座。
【わし(鷲)】                       |
トレミー星座の一つ。
日本では晩夏の夕暮れに南中し、天の川の東岸にあって琴座と相対する。首星はアルタイル牽牛星(けんぎゅうせい)である。

追記---平成30年10月23日の新聞によれば、米航空宇宙局(NASA)などが参加する研究チームは18日、日本を代表する怪獣「ゴジラ」や富士山を星座として新たに認定したと発表した。
国際天文学連合(IAU)が定義する一般的な88の星座とは異なる。
このほかに米国漫画のヒーロー「超人ハルク」や、童話「星の王子さま」といった星座も認定され、合計で約20に上がる。