スポーツ・娯楽
【考案の名称】水平器の付いたパタ−練習器
【実用新案権者】
【識別番号】591118580
【氏名又は名称】東條 正敏
【住所又は居所】岡山県倉敷市児島柳田町1340−45
【考案者】
【氏名】東條 正敏
【住所又は居所】岡山県倉敷市児島柳田町1340−45
【要約】
【課題】
ゴルフボ−ルを的確なパタ−ショットするためのものである。
【解決手段】
パタ−フェイスの反対側(1)に、水平器(2)を取り付けパタ−ショットするものである。
【実用新案登録請求の範囲】
【請求項1】
パタ−フェイスの反対側に水平器を取り付けた練習用パタ−。
【考案の詳細な説明】
【考案の詳細な説明】
【技術分野】
この考案は、パタ−フェイスの反対側に水平器を取り付けた練習用パタ−に関するものであるである。
【背景技術】
従来、パタ−練習器にはゴルフボ−ルを、X方向とY方向に対して、水平かつ直角にあてる為の水平器がついていなかった。
【考案が解決しようとする課題】
従来のパタ−練習器であれば、ゴルフボ−ルを打つ時に、パタ−ソ−ル底面が直角にかつ水平にあたっているかは、経験でしか解からないために的確なパタ−ショットが難しかった。
【課題を解決するための手段】
本考案は、それらの欠点を除くために発明されたもので、それを図面で説明すればパタ−フェイス(1)の反対側に水平器(2)を取り付けたものである。
なお、実施に当たっては、次のような事が考えられる。
(イ)水平器をシャフトにつけてもよい。
(ロ)水平器の代わりに傾斜角度器をつけてもよい。
【考案の効果】
したがって、このパタ−練習器を使用すれば、水平器(4)によってゴルフボ−ルが、パタ−フェイスに対して直角に当たるので的確なパタ−ショットが可能となる。
本考案は、アンジュレ−ションの微妙なグリ−ンでも正確で、しかも確実なパタ−ショットを愉しむ事ができる、創造を超えたパタ−練習器である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の斜視図
【図2】本考案の水平器の拡大図
【符号の説明】
1は、パタ−フェイスの反対側
2は、水平器
3は、ゴルフボ−ル
4は、X方向の水平器とY方向の水平器
【図1】
【図2】